HOME>最新情報

最新情報 詳細

賃金不払いの疑い=長野

2012/10/21

 松本労働基準監督署は3日、木曽町のゴルフ場経営会社「木曽御岳観光開発」と、同社社長の男(57)を最低賃金法違反と労働基準法違反の疑いで、長野地検松本支部に書類送検した。
 発表によると、同社社長は社員とアルバイト計69人の2010年12月分の賃金計約1088万円や、予告せず解雇した社員17人の30日分以上の平均賃金計約511万円以上を支払わず、社員8人の退職金計約1492万円を1か月以内に払わなかった疑い。同労基署によると、同社は約178億円の負債を抱え、10年12月27日に社員ら全員を解雇し、事実上倒産したという。
[読売新聞社 2011年10月4日(火)]