HOME>最新情報

最新情報 詳細

是正勧告:労基署、時間外手当不払いで香川大に /香川

2012/10/24

 香川大工学部(高松市林町)の事務職員8人について、時間外手当計約198万円の不払いがあったとして、高松労働基準監督署が今年4月、是正勧告していたことが、7日分かった。不払い分の手当は既に職員に支払われている。
 同大によると、工学部は労使協定で残業時間を月45時間以内と規定。しかし、09年2月~11年3月に、職員24人のうち8人が、約288~22時間の残業を行ったのに、約85~3万円の手当が支払われなかった。今年2月、労基署の立ち入り調査が大学にあり、4月6日付で勧告が出た。
 8人は総合研究棟の整備に伴う、会計処理業務に従事していたという。同大の高木健一郎理事(労務担当)は「是正勧告を真摯(しんし)に受け止め、勤務管理に適正を期したい」とのコメントを発表した。【浜名晋一】
[毎日新聞社 2011年6月8日(水)]